CATEGORY

RPA基礎用語

「AI」や「RPA」によって、仕事がなくなる!?

Dog あのさぁ? Robo はい!? Dog 今更だけど、「RPA」って、「AI」なの? Robo あぁ、よく勘違いされますけど、違います。将来的に融合されることは確実だと思いますけどね。 Dog そうなんだ。 Robo 何かありました? Dog うん、最近よく「AIが人間から仕事を奪う」という記事を見るんだけど、本当なの? Robo なるほど。答えから言えば、本当ですね。いきなりゼロになる訳で […]

RPAにおいて、何故ロボット作成(シナリオ作成)は簡単でないのか?

『RPAは、ノンプログラマーでも簡単に利用できます』   今まで何度も申し上げてきたことですが、このフレーズ、嘘です。 いや、物は言いようと表現した方が良いのかもしれません。 RPAソフトで作ったロボットを動かすのは ⇒ 簡単です。クリックするだけですから。 RPAソフトでロボット(シナリオ)を作成するのは ⇒ プログラミング知識ゼロだと無理です。 これが正しい表現だと思います。 RPA […]

RPAにおける「画像認識」が抱える問題とは?

会社においてコンピュータを扱っている部署となると、最近では「情報システム部」、会社によっては「電算部」といった名前がついているところが多いですね。 今のコンピュータの原型とされる「ノイマン型コンピュータ」が発明されたのは、1945年。 世界最初のパソコンが登場したのが、1974年となっています。   パソコンを含めたコンピュータの性能を見定める指標の1つとして、「CPU(Central […]

今のRPAって、どのステージにあるの?

RPAという言葉が脚光を浴びていますが、ご存知の通り、RPAを本格的に導入しているのは、大企業やイノベーションに関心の高い一部の中小企業にすぎません。 そのコストと技術的な敷居の高さから、日本においても、まだ普及期に入っているとは言えない段階にあると思います。 日本よりも1~2年ほど先行しているアメリカでは、大手企業の約75%の会社で本格的導入、もしくはテスト導入をしているというデータがあります。 […]

RPAの「Unattended Mode」って何?

RPAのマニュアルを見ていくと、「Attended Mode」と「Unattended Mode」という単語が出てきます。 Attendという単語を英和辞典で調べると、 attend・・・出席する と書いてあります。 そのattendに、否定の意味である「un」が付くので、「出席しない」となります。 「なんのこっちゃ!?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。   「Unattended」 […]

RPAの「トリガー」って何?

RPAのソフトは、世の中に数多くありますが、現段階で言えば機能にそれほどの違いはありません。 大体できることは、ほぼ一緒なのです。 もちろん、「使い勝手」は全然違いますが。 そんなRPAソフトの基本的な機能として、「トリガー」と呼ばれるものがあります。   「トリガー」とは ■トリガーとは(コトバンクより) 何らかの動作を開始するためのきっかけとなる命令や信号のこと。 ハードウェアでは電 […]

「クラウド型RPA」の特徴

今回は、「クラウド型RPA」の話をしたいと思います。 繰り返しになりますが、現在主力のRPAソフトは、PC/サーバにインストールして利用するタイプのものです。 人によっては、「インストール型RPA」と呼びます。   その一方で、「クラウド型RPA」と呼ばれるRPAも登場しています。 そもそも「クラウド」というのは、サーバがインターネット上(正確にはデータセンターに設置)されており、インタ […]

「SaaS」って何?

皆さん、「バズる!」ってキーワードを聞いたことはありますか? なんだか若者用語みたいですが、Webマーケティング界隈でよく出てくる単語なのです。 ■バズる ⇒インターネット上で口コミなどを通じて一躍話題となるさま、各種メディアや一般消費者の話題を席巻するさまを指す語である。 バズるという語は英語の動詞 buzz を日本語化した言い方である。buzz には「噂話などでガヤガヤ騒ぐ」といった意味合いの […]

>RPAの導入から運用/保守までをお手伝い

RPAの導入から運用/保守までをお手伝い

導入にあたり、お客様側でRPAソフトやパソコンの用意は必要ありません。社内にPCに詳しい担当者がいなくても大丈夫です。まずは小さく導入を!とお考えであれば、お気軽にご相談ください。<東京・神奈川・埼玉・千葉の法人様に限らせて頂いておりますので、ご了承ください>

CTR IMG